2月18日にフォロワーシップに関するセミナー別ウィンドウで開きますを開催します。

 リーダーシップに関する研修は皆さん受講されており、理解も深まっていると思いますが、昨年のセミナーでは参加者から、「リーダーシップを理解すればするほど、自分の中で醸成できるかどうか不安が今まで以上に増してきました。私はリーダーをサポートするフォロワーに回りたいという気持ちもあります」とのコメントが出てきました。

我々日本人は伝統的に強いカリスマ性を持った一人のリーダーの登場を期待し、多くの人が彼(女)をサポートする(フォローする)側に回ろうとする傾向が強いです。その方が楽であると思われているし、事実、今まではフォローしておけば、自分自身もリーダーが提供してくれる安定した成果を享受できていました。

ところが、少人数のリーダーにぶら下がっていれば楽な時代はとっくに終わっていることに早く気づくべきです。特にこれからの不確実な未来の中でしっかりと生きていくためには、仮にリーダーシップを高めていくことが不得意で、リーダーを支える側に回る立場であっても、単に受け身ではなく、「主体的」且つ「自律的」なフォロワーとして行動すべきです。

セミナーでは、自分を鍛えて個を磨いておくポイントを、「優れたフォロワーシップの11の行動別ウィンドウで開きます」と「キャリア戦略と自己投資を企業の成長モデルから考える」の2つの視点を中心に、明日から実践に踏み切るためのインサイト(洞察)を得ていただきたいと思います。