新年明けましておめでとうございます。
MCGとして独立起業後、丁度丸三年が経ち、多くの方の支援に支えられて順調にビジネスを進めてこられています。三年間のコーチング実績として、クライアント総数約150名、セッション回数約1000回となり、また研修セミナー回数も135回を数えるまでになりました。

これらの経験を通して、「自分を進化させ成長させるにはどうすればよいか」が、少し見えてきた様に思えます。

キーワードを敢えて絞り込むと2つです。
一つは「自己認識」です。自分とは一体どういう人間なのか、他人からどう思われているのか、他人が知らない自分は何なのか、自分が知らない自分は何か、など、自分自身のことすら知らないことが多いという事実を客観的に認識できるかどうかです。何が今の自分に足らないかを知り、学ぶこと。

二番目は「目的意識」です。高い「志」と言っても良いと思います。目的を持つことで、自分の学ぶべきこと実践すべきことが明確になります。

11月末に、山口県萩市の松陰神社別ウィンドウで開きますの宮司である上田俊成様を訪問し、吉田松陰先生についてお話を伺ってきました。「志を立てて以て万事の源と成す」・・・あらゆることの根本を為すのは志をたてることである。この言葉が印象に残っています。

多くの人は、新年に「今年こそは・・・」と誓いを立てます。でも、それをなかなか実践できる人は極めてまれです。毎年同じことを繰り返してしまい、成長できないことに嘆き、諦めて、生きる意義を失っていきます。神に祈っても何も自分自身に変化は起きません。起こせるのは自分自身です。自分を客観的に知り、状況に応じて振る舞いを継続的にコントロールしながら(苦痛を伴いますが)、高い目的意識を持って実践する。実践に至らないのは、省察を持った継続的コントロールと志が低いということになります。

「私は一年前の念頭に誓ったことをどのくらい実践し、実現できたのだろうか?」
まず自問自答をしてみてから、2015年の目標を考えてみては如何でしょうか。